3形態ある契約方法

keiyakuhouhou

エレベーターを25年から30年使用することを前提に、3形態ある契約方法の中からそれぞれのお客様のご要望に即した契約形態をお選び頂けます。
それぞれの契約条件にそった、毎月の定期点検や年に1度の定期検査、整備工事などを計画的に行ってまいります。

 

bar-FM

契約形態 FM不時の出費の心配がいらない契約内容です。

エレベーター新設時からスタートして、毎月の定期点検、故障した場合の緊急出動費、年1回の定期検査費用および将来予測される部品交換や修理工事費を、事前に月払いでお支払いいただきます。

契約期間中に修理が必要な事態が発生した場合には、無償でその修理を行うことをお約束させていただく契約スタイルです。

 

※メリットは不時の出費を考えなくても良い。
※デメリットは毎月のメンテナンス料金が高くなる。

 

 

bar-POG

契約形態 POG毎月の料金がフルメンテナンス契約と比べると安くなります。

エレベーターの定期点検、年1回の定期検査費用および緊急出動費は契約料金の中に含みますが、部品代および修理工事費用は別途とする契約内容です。

毎月の契約料金は低く抑えられますが、そのぶん不時の出費が発生する可能性があります。しかし、長期的にみると、メンテナンスの総費用は低く抑えることが可能です。

 

※メリットは25年間のメンテナンス費用が安くてすむ。
※デメリットは不意の出費がある。

 

 

bar-enkaku

契約形態 遠隔上記の契約形態に加えて、遠隔監視をプラス出来ます。

遠隔監視とは、エレベーター内と弊社情報センターとを電話回線で接続し、運転状態を遠隔監視します。

エレベーター内と当社監視センターと通話ができたり、また異常を検出すれば技術者が急行しますので、万が一の故障時にも安心です。

区切り線