Management association

マンション管理組合の皆様へ

現在のエレベーターの保守料金は適正ですか?

大手メーカーで保守点検されていて、竣工時の保守料金の金額から見直しがかかっていないマンションが意外と多いのをご存知でしょうか?

 

・現在の保守料金は正当な料金なのか?

・現在の相場の金額はどれくらいなのか?

・総戸数の少ないマンションで、修繕費がなかなかたまらないので、各種費用の見直しをかけている。

 

このようなお話を、マンション管理組合の理事様から良くお聞きします。

また同時に、既存のメーカー点検からの切り替えに関して、慎重な管理組合様が多いのも事実です。

メンテナンスの契約料金は下がっても、きちんとしたメンテナンスがされなければ意味がありません。

よくある例え話で、ディーラーから車を購入して、ディーラーでメンテナンス・車検を受けるオーナー様もおられます。

その一方、町の車屋で修理をしたり、車検をしたりするオーナー様もおられます。どちらも修理も車検もできますし、どちらも整備がおろそかになることはありません。信頼できる会社であれば、町の車屋でもディーラーでもどちらでも結果は同じです。一度、町の車屋で修理をしたり車検をした方であれば、ディーラーと比べてどちらの方がお得になるかは想像できると思います。大切な事は、ディーラーでなければ信用が出来ないのか、町の車屋でも信頼がおける会社なのかという事なのです。

この事は我々の業界でも言える事で、メーカー系メンテナンスで無ければ信用が出来ないのか、我々独立系と言われるエレベーターメンテナンス会社でも信頼をおいて頂けるのかという事なのです。

京都エレベータは信頼のおける、独立系のエレベーターメンテナンス会社であると自負しており、その実績もある会社です!

この機会に一度お見積をさせて下さい。

 

 

保守点検のお問い合わせはこちら