Q & A エレベーターの更新時期について

Q&Aeyecatch

「2012年問題」と聞いてピンとこられるビルオーナー様やビル管理会社様やマンションの管理組合様は少なくないと思います。1980年代後半までに設置された機種の製造中止後おおよそ25年以上経過したエレベーターの部品の供給がメーカーから停止されて、部品の供給がなくなるので、その後のメンテナンス・修理等が非常難しく、安心・安全にエレベーターを運用していくのが困難になるという問題です。これは25年以上経過したエレベーター全てに言える問題です。弊社にて、エレベーターのリニューアル工事を検討または実施して頂いたお客様からよく頂くご質問を紹介させて頂きます。

Q&A1

機器の経年劣化は避けられません。特に接点の接触不良、動作不良による故障が起きやすくなります。
また、設置から20年を経過したエレベーターの主要部品はすでにメーカーで作られていない場合もあり、いざ故障したとき、 修理に必要な部品の調達に手間取ったり、長期間エレベーターが使用できなくなったり、最悪は修理出来ない可能性もあります。

Q&A2

リニューアル工事といっても各エレベーターによって必要な工事内容は様々です。制御盤とそれに付随する機器の取替え内容だけで良い場合もありますし、一般的に一番多いのが制御盤と巻上機の取替え工事です。この内容さえしてしまえば、今後20年の運行は保障できますし※1 オーナー様もご安心して運用していただけるようになります。また、同時にカゴ内の内装工事も一緒にしてしまう事で、ご利用者様も一目で新しくなったと実感していただけるようになります。
ご依頼頂ければ、お客様の各エレベーターにあったご提案をさせて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。もちろん見積もりに費用はかかりません。

Q&A3

申し訳御座いませんが、工事期間中はエレベーターのご利用が出来ません。制御盤取替え時に配線もすべて交換いたします。古い配線から新しい配線にしますので、どうしてもその間はエレベーターを動かす事が出来ません。
工事の日程はご相談させて頂きますので、ご利用者様になるべく負担をかけない日程で調整出来るようご提案させて頂きます。

Q&A4

制御リニューアル工事の場合ですと3日間。制御盤と巻上機の取替え工事の場合で5日間が必要です。また内装工事を同時にされるようでしたら、あと3日間※2 昼間のみの工事が追加で必要になってきます。

 

区切り線

※1 故障して部品がない為に修理が出来ないという事がないという意味です。
※2 カゴ内内装工事の場合だけだと2日間。各階乗場のシートも貼り替える場合は合計約3日間必要です。

区切り線